第2回実行委員会紹介&大会PR

こんにちは!
今日は、前回から始まった実行委員会紹介と大会PRの第2回目になります!

今回はこの3人!

→左から脇坂松川安藤

 

安藤アンディ):こんにちは!!昨年に引き続きイベント部門を担当させていただきます、2年の安藤正也と申します!!また、今年は新たに副リーダーという責任感のある役職を頂きました!!
2018年大会が更にパワーアップした大会となるように責任を感じつつ思いっきり頑張りたいと思います!!
次はまっちゃ~ん!!

松川まっちゃん):こんにちは!イベントを担当させていただきます、1年の松川陽也です!
僕は去年、準決勝と決勝の見学に来たのですが、国際大会としての雰囲気や試合のレベルの高さなどに感動しました。去年僕が感じた感動を今年にも繋いでいけるように頑張ります!
ラストはわっき~!!

脇坂わっきー):初めまして!広報発信を担当いたします、1年の脇坂直樹です!
僕は初めてこの大会に関わったので、わからないことだらけですが、選手もお客さんもスタッフもみんなが楽しめる大会にできたらいいなと思っています!

安藤アンディ):まっちゃんは前回大会観に来てたけど、観客としてMEIKEIオープンはどんな大会だった?

松川まっちゃん):試合のレベルが高く、音響やつくば市のゆるキャラ『つくつく』キッチンカーなど、フューチャーズという国際大会はこんな感じなのかとびっくりしました!
前回は観客でしたが、今回は運営としての立場になるので、来てくださる観客の皆様に感動していただくために新たなことに挑戦していきたいです。

安藤アンディ):わっきーは前回大会を生では見てなかったけど大会の様子をネットや資料を通して見て何か良いイメージを持ったり気になった点はあったかな??また、挑戦してみたいことはある??

脇坂わっきー):前回大会の様子を写真で見ただけで楽しそうな雰囲気が伝わってきたので、まさにコンセプト通りの「お祭り」のような大会なんだなという印象を受けました!
僕は広報発信という大会の広報に関わる係なので、会場に来ていない方が「MEIKEIオープンに行ってみたい!!」と思えるような広報活動をしていけるように頑張っていきたいです!!

安藤アンディ):そうだね!多くの人に来てもらうために広報活動は本当に重要だよね!
僕はイベントなのでイベントとしては、地域の方々に支えて頂いている大会なのでクリニックなどのイベントを通して地域の方々との交流を大切にしていきたいです!!また、PLAY&STAYなどの子供たちがテニスをやりたい!!と感じてくれるようなイベントをもっと開催したいです!!!

松川まっちゃん):僕もアンディさんと同じイベントとして今年の運営に携わらせていただきます。去年の決勝後に行われた仁木プロのクリニックのように選手と観客の方を巻き込んだイベントを行いたいです!
国際大会という一見敷居が高そうというイメージを払拭することができればもっとより多くの人にMEIKEIオープンを知っていただけるのではないかと考えています。

安藤アンディ):大会をより良く、魅力のある大会にするために実行委員を中心として部員で数多くのアイディアを出して、それを形にしていけるように頑張っていきたいね!!そして多くの方々に会場に足を運んでもらえたら最高だね!!!

 

今回はこの辺で。次回は3年生と1年生2人でお送りします。

これからもつくばフューチャーズをよろしくお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です