卒業公演

こんにちは。筑波大学体育会硬式庭球部1年の東綾香です。
寒い日がまだまだ続きますが皆さんはいかがお過ごしですか。

さて、先週の水曜日にダンスの卒業公演があり、私も参加しました。初めは秋学期の授業でダンスを履修していて卒業公演に参加しないと単位がもらえないとのことだったので参加するつもりでしたが、作品が完成し前日練習や1年生から院生までの見せ合いっこでは踊っているときも見ているときも単位のことなど全く頭にはなく、公演当日はとても楽しんで踊ることができました。
私たち1年生は、今話題の映画「君の名は」というテーマで都会の男女、戦争中の男女、名前を失って迷走している男女などグループごとに、個性のあるダンスをしながら男女が入れ替わるストーリーを表現しました。その中でも私は都会の男女が入れ替わるというテーマで男子は可愛く踊り、女子は男の子のようにカッコよく踊るグループだったので、作品の中でどのように授業の成果を出して男女の入れ替わりを表現するか工夫していました。ダンスの授業が終わった後も、授業の空きコマや毎日みんなの部活が終わる21時頃にダンス場に集まり22時まで1時間練習をしてきたので、本番は本当に一瞬のように感じました。ですが、本番まで仲間と協力して準備をしてきたので、今は達成感でいっぱいです。一緒にダンスを頑張った仲間、特に全体やグループをまとめ、引っ張ってくれたダンス部のみんなには感謝の気持ちでいっぱいです。

現在、筑波大学庭球部もMEIKEIオープンテニス開催に向けて準備をしています。
今後とも宜しくお願い致します。

Windows 10 版のメールから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です